TOP

イメージ通りの外壁の色を実現する方法

イメージ通りの色に仕上がらなかったという不満の声がとても多いのが塗装施工の声として多いです。
恐らく施工に対する不満の意見のなかでも一番多いと思われます。
一般的に、塗装工事を行うときに使用する塗料は色見本帳からお好みの色を選びますが、単に色見本帳を眺めているだけでは仕上がりの色をイメージしにくいと思います。
ペンキを塗る表面の模様の大きさや形、深さによって、同じ色のペンキを塗ったにもかかわらず、驚くくらいに違った色に見えてしまうことがあります。
また、家が緑に囲まれているとか、隣の家の色がどんな色かといった周囲の風景や太陽の光によっても大きく左右されます。
そのため、仕上がりは色見本帳で選んだ色よりも若干薄くなることを予想しておくのが大切です。

それでも不安な方のために、一番的確に色を確認する方法をお教えします。それは本物を見ることです。
ご近所で「この壁の色」と思う家があったら、塗装業者に「あの家の壁の色にしたい」 と伝えてください。
描いているイメージをより一層希望に近づけることができます。

最近では、力ラーシュミレーションができるソフトも多くあります。
実際にあなたの家をパソコン上で好きな色に変えて、いろいろな色を比較してみることもできます。
イメージをつかむにはとても便利です。
イメージと実際の色合いには差が出ますので、どの色が近いかをあらかじめ思い描くことが大切です。

10年後も健康的な屋根でいるために

屋根の塗り替えでよく見かけるカラーベスト屋根(コロニアル屋根)の場合、これからお伝えすること、がとても重要になってきます。
カラーベスト屋根とは、カラーベストと呼ばれる薄い板を屋根全体に1枚1枚張り合わせて完成させるのですが、入ってきた雨水は、張り合わせてある隙間から逃がす構造になっています。

しかし、この上から塗装をすると、塗料によりその隙間がふさがってしまって、入ってきた雨水を逃がすことができなくなってしまいます。
この状態を放っておくとやがて腐ってしまいます。それを防ぐ方法として、縁切り(えんぎり)があります。

縁切りとは、塗料を塗ったことでふさがってしまった隙間を、道具を使って1枚1枚開けていくという、とても地味な作業です。
この重要な作業を知ってか知らずか、やらない塗装業者が非常に多いのです。
理由としては、業者が縁切りそのものを知らないか、たとえ知っていても、面倒だからやらないケースがあります。

もし、あなたが屋根の塗替えをしようと思っていて、力ラーベスト屋根だとしたら、塗装業者に一言、「縁切りはやってくれるんですか?」と聞いてみましょう。
縁切りを知らない業者や、変な顔をする業者だとすれば冷静に考え直した方がいいでしょう。
最近ではタスペーサーという、確実に隙間をつくるための部材があります。
タスペサーを使っている業者なら、かなり良心的な会社であるといえます。
屋根を腐らせるか、腐らせないかということも、知識次第ということです。

多様な葬儀に対応できる「臨海斎場」

2004年にオープンした東京都大田区にある「臨海斎場」は緑いっぱいの、明るく清楚な斎場(火葬場)。
新しい葬儀にもしっかり対応しています。
いまは火葬場のことも「斎場」と呼んでいますが、本来は、葬儀を行う式場を「斎場」といいました。
葬儀式場と火葬場を合わせもつ施設を「総合斎場」ともいいます。

斎場(火葬場)には公営のものと民営のものがありますが、東京都内で、公営で葬儀式場と火葬場両方を兼ね備えた斎場は、「臨海斎場」だけです。

「死者のホテル」とは

「死者のホテル」というのは、保棺施設ことです。
遺体は、死後24時間たたないと火葬はできません。
いまは病院で亡くなって、遺体が自宅に帰ることが少なくなり、たいてい斎場(葬儀を行う式場)に直行します。
そして一般には、死亡日か明日が通夜、翌々日が葬儀・告別式で、火葬するのはそのあとです。

暦の関係や、火葬場の込み具合によっては、さらに下層まで日にちがあいてしまうこともあります。
遺体は斎場に何泊かすることになり、その間遺体の腐敗を防ぐために、保冷障に入れます。
この保桁施設を、NPOりすシステム代表理事が「死者のホテル」と名づけました。
お寺で通夜・葬儀を行う場合でも、通夜の前まで預かってもらうことができます。

大手の葬祭業者の斎場には、たいてい保冷庫がありますが、小さな葬祭業者の場合はその設備がないので、公営や民営の火葬場の保冷庫や民営の保棺施設に預けることになります。
保冷庫の需要は高く、霊柩車の専門業者が、東京都内に保棺施設を建設しました。 なかには「保凍庫」のある火葬場もあります。
値段は、葬祭業者の場合は1泊2日で3万円(オゾン発生装置を備えた保冷庫。東京の場合)です。
公営の火葬場の場合は3000円~5000円、民営の火葬場は3000円~7000円です。
都市以外では保棺設備がないところがほとんど。 保棺のニーズがないのでしょう。

新着記事

【日曜経済講座】 客員論説委員・岩崎慶市 地方消費増税は“棚ぼた”か – MSN産経ニュース
【日曜経済講座】 客員論説委員・岩崎慶市 地方消費増税は“棚ぼた”かMSN産経ニュース社会保障と税の一体改革の柱である消費税引き上げには地方消費税も含まれている。政府は国民の
中古マンション成約連続減、都区部では回復の兆しも/東日本レインズ調べ
 東日本不動産流通機構が発表した2月の首都圏中古マンション成約件数は、前年同月比2・2%減の2919件だった。2カ月連続の減少だが、東京都は3カ月連続で前年を上回るなど...